モデル オーディション写真

モデル撮影はファッションカメラマンの基本

雑誌系のカメラマンを目指すならモデル撮影は欠かせません。モデルを撮影することでファッション、ヘアメイク、ポーズ、そして写真スタイルに及ぶまでのセンスを磨くことが出来るからです。

撮影するモデルは日本人、外国人と様々ですが人種により準備が異なります。特に外国人との撮影は英語となりますので、語学力によりコミュニケーション能力に差が生まれ、堪能であればスムーズな撮影を行うことが出来ます。

外国人モデルとのコミュニケーション英会話

この項目では英国に2年在住していた自分が撮影コミュニケーションの取り方をご紹介します。

まず、モデルに撮影したいイメージを伝えたいところですが、難しいことを言わずに流れに任せながら修正するスタイルが良いでしょう。表情の指示でも、smileやno smile(笑って、笑わないで)といった簡単な表現であればヨーロッパ出身のモデルにも普通に通じます。

スタジオ撮影であれば、立ち位置を教えます。

誘導はthis way please(こちらにどうぞ)といえばいいでしょう。
そしてwell let’s start! (それでは始めましょう)などど進行します。

カメラ位置に立ってシャッターを切り始めれば、始まった!とモデルにも分かります。

そして少し右向きにしたければ、look at a little right sideといえば良いでしょう。このとき語尾にplease を付けないと命令形になるので、気を付けましょう。

その他 有意義な短文は
look at the camera please(カメラを見てください)、one second please(ちょっと待って)、very good (良いね!)、have a break(休憩)、it’s my treat(御馳走します)・・・
などなど、便利です。

*******************
外国人モデルのオーディション写真なら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください