スタジオ内観

タレント、芸能人、又はそれを目指す人材の撮影

個性に秀でる才能を写す

芸能とは大衆娯楽の総称を意味します。その活動範囲は広く、テレビタレント、歌舞伎役者、大道芸人やお笑いもそれにあたります。その中で働く人々にとっては職業であり、その稼ぎで生活を成り立たせています。言い方を変えれば彼らにとっては芸能活動は「ビジネス」そのものです。

それでは芸能を生業にしている人々はどのようなステップで仕事を取得していったのでしょうか。いきなりお金を貰えるだけの「芸」を披露することは難しいと思われることから、下積みを経験し、徐々にステップアップするのが本筋でしょう。

下積みから抜け出すチャレンジ

芸能人になるには一般社会における入社試験とは異なる方法があります。その一つがオーディションです。持ち前の特技を生かしオーディションの審査員に優れていることをアピールするのです。

しかし昨今の審査員はオーディションの主催者やスポンサーだとは限りません。なぜなら主催者等が優れていると感じても、最終的に審査されるのは芸能人としデビューした後、大衆が魅力的だと判断して、初めて芸能人として認められるからです。つまり一般大衆に指示されなければ、いくらオーディション主催者が良いと感じても意味はないのです。

そこで一般大衆を審査員にする試みが一般的になりつつあります。それがWEB審査です。ある特定のオーディションイベントで候補者をネット上に掲載し、人気投票を行います。そして最も票を獲得した人が「最優秀者」になるのです。

オーディションの合否を決めるプロフィール写真

ここまで芸能人になる為のステップとしオーディションが重要であることを紹介してきました。そのオーディションの場で重要なのが魅力的なプロフィール写真の存在です。沢山の大衆、又はオーディションの主催等が、是非会いたい、会って話をしたい、そう思わせる力のある写真が必要です。

この魅力を引き出してオーディションを有利に導く写真を特にオーディション写真といいます。

オーディション写真専門スタジオの意義

ここでオーディション写真を専門にしたサイトをご紹介します。

それがTS新宿スタジオのコアサイトhttps://cofundedu.com/です。

既に20年以上運営しており高い評価を得ています。コンテンツは芸能に携わる人物のみで構成されており、沢山の撮影済み写真をサンプルとして掲載しています。芸能のカテゴリを14に分類し撮影方法を紹介しています。このサイトをみれば服装、撮影準備、心構えに渡り理解することが可能です。

以上のように一般撮影とは距離を取った芸能人向け撮影の専門サイトをご紹介いたしました。